京都駅近く・グランドピアノがある音楽スタジオ♪
 プロツールスHDX+アナログコンソール完備で業務Rec対応。
 京都屈指の設備と実績で貴方のお越しをお待ちしております。

京都,スタジオ,レコーディングスタジオ,リハーサル,グランドピアノ

京都・烏丸十条 リハーサル&レコーディングスタジオ​

マザーシップスタジオ 
〒601-8031 京都市南区東九条河辺町26-25 

 ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで!
☎075-681-3836【電話受付12:00〜24:00 】

Copyright 2002-2017 © Mothership Studio all rights reserved. ※当サイト内の画像・テキストなどの無断転載、使用を禁じます。 

帳簿の整理

April 18, 2018

今年2回目の更新w。
確定申告も終えて、スタジオセッションの年度末ピークも落ち着き、時間を見つけてはwebを修正する日々ですが、ぼちぼち税理士先生から申告書のフィードバックが有るな...とふと思い、気が付けば積年の帳簿が本棚から溢れ仕舞う場所がない!ということで一念発起、昨日から帳簿書類の大規模整理を敢行。

 

こういう大整理であるあるですが、やっぱねぇ、色々見返しちゃうんですよね。創業当時の台帳や予約簿見ながら、ああこの頃はまだ毎日リハーサルで賑わっていたなとか、この年は設備投資でやたら領収書が多いなとか、この年はREC忙しかったなとか、逆に取引先減ってしんどかったなとか、予約簿の中の名前見ながらあの人は今何してるかな?とか、この人はこの頃からずっと使ってくれるのか!とか、15年以上やってるとやっぱり色々月日の流れを感じます。

 

青色申告における帳簿書類の保管義務は種類にもよりますが概ね5〜7年。しかしそういう様々な懐かしい感情が、なかなかこれらの”古紙”を捨てる事を許さず、今だに全部保管していますが、整理して紐で括って並べてみるとものすごい量になりました。

で、並べて見てちょっと面白いのが、分厚さ。年によって当然厚さが違うのですが、それを確定申告書と見比べると、当たり前ですが取引量の差が如実に現れてました。やっぱりやるからには少しつつでも”分厚く”して行きたいなと、あえて並べて見て心新たに思います。

 

綺麗に整理したところで果たして見返す事があるのか、あるとしたらそれはどういう時なのか、まぁ正直わからないんですが、少なくとも15年以上やってきた勲章というか証というか、まぁスペースがギリギリ許す間はこれからも保管しておこうかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 18, 2018

January 6, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索